FOOD

「がっつり食べたい!」そんなときはセブンの新作”台湾風ル―ロー飯”がオススメ。

2020年9月28日

こんにちわ。たにハルです。

今回はセブンイレブンの新作「台湾風豚角煮丼(ルーロー飯)」をご紹介します。

ルーロー飯ってどんなもの?

ルーロー飯とは、豚肉を醤油や砂糖で甘辛く煮込んだもので、煮汁ごと白米の上にかけた一膳飯です。台湾の代表的な食べ物の一つですね。

僕はルーロー飯がどんなものか知らなかったのですが、見た目で美味しそうだったので購入してみました。

ルーロー飯の基本的な情報は以下のとおりです。

価格  :496円(税込み)

カロリー:652Kcal

レンジ加熱目安:500W 3分、1500W 1分

このワンコインで食べれるお手頃感が良いですよね。

セブンのルーロー飯を食べてみた

セブンイレブンの丼モノで毎回感心してしまうのが、具材と白飯の間にある仕切り。

セブンイレブンのコンビニ弁当が旨いと言われる理由のひとつです。

話は反れますが、丼モノの他にチルド麺もオススメですよ。

「また食べたい…!」セブンの”一風堂とんこつラーメン”の再現度がスゴいんです。

続きを見る

「また食べたい…!」セブンの”すみれ濃厚みそラーメン”のスープが絶品なんです。

続きを見る

さて、ルーロー飯のトッピングは、豚肉・もやし・高菜・卵です。

もやしと高菜のピリ辛と卵の半熟が合わさって絶妙です。がっつり食べたい人にはオススメの一品。

味:★★★★☆

コスパ:★★☆☆☆

満足感:★★★☆☆

リピート:★★☆☆☆

私は非常に好きな味で満足でした。

セブンのルーロー飯の口コミは?

口コミサイトでも高評価を得ているうルーロー飯。

もぐナビから一部抜粋するとこんな感じです。

気になっていたルーロー飯! めちゃくちゃおいしいです😍 八角の香りがちょうどいい! これ以上強いと好き嫌い分かれそう。 高菜もやしの食感と半熟たまごのまろやかさ♡ まぜまぜしておいしくいただきましたー😊 夏にぴったりだなー🌞 また買いまーす

台湾でも使う香辛料は店ごとに様々で、共通点と言えば甘目のタレと豚肉ぐらい。八角や五香粉は中々受け入れられない人も多い中で、このお弁当、八角入りだけど、風味程度に抑えていて、ちゃんと台湾の雰囲気を出しながら日本人でも受け入れられる様になっていた。普通においしい。

セブンイレブンの丼モノは種類も豊富なので、次の新商品が楽しみですね。

以上、セブンイレブンのルーロー飯でした。

-FOOD

© 2022 Taniharu Blog Powered by AFFINGER5