TRAVEL

【レポート】ムーミンバレーパークは低予算で大人も子供も楽しめるスポットだった。

2020年8月2日

「明日は久しぶりに晴れだし、どこか家族で出かけたいな~」

「屋内は人混みが心配だから屋外でなにかないかな」

「あまりお金を掛けずに家族で楽しみたいなぁ」

と、悩めるパパさん・ママさんにうってつけの施設があります。

それが埼玉県飯能市にある「ムーミンバレーパーク」です。

今夏は、8月30日まで「涼」を感じられるイベント「ニョロニョロの雷スプラッシュ!」を開催しているということなので家族で行って参りました。

パーク内の様子やオススメのスポットなどレポートします。

 

【話題沸騰】ムーミンバレーパークは低予算で大人も子供も楽しめるスポットだった。ー 現地レポート ー

まず場所ですが、ここです👇

都内から向かうと車で1時間弱くらいです。ここで注意点!!

ムーミンバレーパークは2019年にグランドオープンした施設なので、少し古いカーナビでは検索できない場合があります。

私のカーナビも勿論検索できなかったので、近くの「飯能日高消防署」を登録して車を走らせました!

「飯能日高消防署」まで来ると、看板が立っているので迷わず向かうことができます。

入園チケットでも十分楽しめる。駐車場は平日がお得。

まず料金ですが、1デーパスと入園チケットの2パターンあります。以下は当日チケットの価格表です。

1デーパス
大人(中学生以上)    :4200円
子供(4歳以上小学生以下):2300円

● 入園チケット
大人(中学生以上)    :2500円
子供(4歳以上小学生以下):1500円

 

1デーパスは、入園チケットと有料施設の利用料がセットになったチケットですが正直高いです。

一方で入園チケットのみであれば安くで済ませそう。

ここで私自身不安になったのが「入園チケットのみで楽しめるのか?」というところ。

今回私は「お金を掛けたくない」と思い訪れたので入園チケットのみを選択しましたが、

結論は楽しめるでした。

楽しんだ内容は、この後の記事を見て頂ければわかると思います。

あと、駐車場の駐車料金ですが平日は無料(土日祝は最大1,500円(500円/1時間))です。

もう平日に行っちゃいましょう。

 

ランチはメッツァビレッジの施設がお得かも!?園内にスターバックスもある。

駐車場からチケットブースまでの間に、マーケット棟やレストラン棟、カフェや雑貨を売っているお店などがあり結構広いです。

駐車場からチケットブースまでのエリアを「メッツァビレッジ」、チケットブースから奥のエリアを「ムーミンバレーパーク」としているようです。ガイドマップはこちらをどうぞ。

ランチですが、メッツァビレッジで食べることをオススメします。理由は以下のとおり。

● レストラン棟に色々なお店が入っている(ラーメン屋もある)
● 店内の座席のスペースが広くてゆとりがある
● ムーミンバレーパークよりお手頃価格で食べられる

 

また、スターバックスも同じエリアにありましたよ。

メッツァビレッジは入園チケットが不要なエリアになるので、平日に行けば駐車料金もかからない=無料で楽しむことができるスポットになります。

これは穴場ですよね。

スターバックスの前にはこんな広場もあります。

ムーミンの世界に飛び込もう。ムーミンバレーパークに潜入。

フォトコレクション(ムーミンバレーパークの様子)

 

8月30日までのイベント「ニョロニョロの雷スプラッシュ!」は子供も大人も大興奮でした。

かなり涼しいです。

かの有名な「ムーミン屋敷」です。よくアニメのシーンで出てきますね。

「ムーミン屋敷」は中の見学が可能です。地下と2階の見学ができ、2階は有料扱いになっていました。

今回は、ムーミンバレーパーク内のレストランでランチをいただきました。

ですが、パーク内のレストランはやはり高い。まぁ、記念にという事であればよいのかもしれませんけど。。。

店内は広く、小さなお子様も食べられるように子供椅子もしっかり用意してありました。

ただ、ベビーカーは店外に置くように案内されるため、1人で座れない幼児などは抱っこして食べないといけないと思います。

スナフキンのテントです。ムーミンバレーパークの一番奥にあります。

ムーミングッズの購入スポットは2箇所

ムーミングッズは、ムーミンバレーパーク内のチケットブース横レストランの横にあります。

この2箇所は距離があるため、先にチケットブース横のグッズ売り場を見ておいた方が良いです。

トイレと水分補給は心配なし

かなり広大な敷地でかなり歩きます。(ただ、所々見どころがあり疲れは感じませんでした)

そこで気になるのがトイレですが、トイレはいろいろな場所に設置されているので心配はいりません。

あと、自動販売機もちゃんとあります。

最後に

ファミリーやカップル、女子グループが非常に多かったです。

特に小さな子ども連れのご家族が多く、子ども達はキャッキャと楽しんでいました。

都内からも日帰りで行けますし、リーズナブルに大人も楽しめる施設だと感じました。

インスタ映えするスポットもいっぱいありますので、ぜひ足を運んでみてください。

-TRAVEL

© 2022 Taniharu Blog Powered by AFFINGER5